宅建試験対策法を公開!宅建合格の鍵

宅建試験対策のノウハウを解説するブログです

宅建合格の鍵

≪宅建試験対策≫債権債務・連帯債務・保証・連帯保証の要点をまとめました

 「債権」は、宅建の本試験では、毎年4問出題されます。

範囲も広く、論点もたくさんあるのでいくら対策しても見たことない問題が出ることもあります。

難易度も幅が広いので、勉強してもなかなか点数が伸びにくい分野です。

しかし、丸々捨ててしまったら他の教科での挽回が厳しくなるので、易しい問題は得点できるように勉強しておきましょう。

 

債権債務・連帯債務・保証・連帯保証の重要論点をまとめました

債権」とは、特定の人に一定行為を請求する権利です。

 

連帯債務」とは、数人の債務者が同一内容の債務を各自独立して負担し、債権者は、その連帯債務者の一人に対し、又は同時もしくは順次にすべての連帯債務者に対し、全部または一部の履行を請求することができる債務関係のことです。

 

保証」とは、主たる債務者が債務を履行しない場合のために、債務者の代わりに保証人が債務の履行の責任を負うことです。

 

連帯保証」とは、保証人が主たる債務者と連帯して債務を負担することを保証契約において約束した形態をいいます。

 

「債権」の分野では簡単な論点が多いとされている連帯債務や人的担保(保証・連帯保証)なので本試験で出題されたら確実に得点できるように、暗記しやすいように要点をまとめました。

 

債権債務

 

 「債権」とは、特定の人(債権者)が別の特定の人(債務者)に対して、一定行為を請求することを内容とする権利のことです。

 

一定行為を請求する人を「債権者
請求された一定行為を行う義務がある人を「債務者」といいます。

 

債権についての基礎的知識はこちらで解説しています。

www.taxtukengoukaku-kagi.com

 

債権者代位権

 

債権者代位権」とは、債権者が債権者がその債権の回収を確保するため、債務者が第三者に対して有する権利を債務者に代わって行使する権利のことをいいます。

 

債権者代位権を行使するには下記の3つの条件を満たす必要があります。

  • 代位権を行使しなければ債権を回収できないという事情(債務者の無資力
  • 債務者がその権利を行使していないこと(下の図ではAがBに対して請求していないこと)
  • 各債権の弁済期が到来していること(裁判上の代位によらなければ)

 

債権代位権について詳しい解説はこちらです。

www.taxtukengoukaku-kagi.com

 

連帯債務

 

連帯債務の図

連帯債務の図

 

連帯債務」とは、数人の債務者が同一内容の債務を各自独立して負担し、債権者は、その連帯債務者の一人に対し、又は同時もしくは順次にすべての連帯債務者に対し、全部または一部の履行を請求することができる債務関係のことです。

 

連帯債務には「相対的効力」と「絶対的効力」があり、連帯債務の原則は「相対的効力」です。

 

連帯保証人には「求償権」を認めています。

 

連帯債務の要点だけをまとめて解説しています↓ 

www.taxtukengoukaku-kagi.com

 

相対的効力・絶対的効力

 

連帯債務の図

相対的効力と絶対的効力

相対的効力」とは、連帯債務者の一人について生じた事由は、他の連帯債務者には影響を及ぼさない

 

相対的効力が生じる事由は、「承認」などがあるが、数が多いため「絶対的効力」が生じる事由のみ覚えて、それ以外は「相対的効力」の事由だと覚えるようにしましょう!

 

連帯債務者の一人について生じた事由が他の連帯債務者まで効力が及ぶことを「絶対的効力」といいます。

 

絶対的効力が生じる事由は下記の7つです。

  • 弁済
  • 請求
  • 更改
  • 混同
  • 相殺
  • 免除
  • 時効

 

連帯債務の絶対的効力が生じる7事由について詳しく解説しています!

www.taxtukengoukaku-kagi.com

 

連帯保証者の求償権

 

「求償権」とは、弁済などによって債務を消滅させた債務者が、他の債務者に対して支払いを請求する権利のことをいいます。

 

連帯保証人は、自己の負担部分を除いた額を他の債務者の負担部分について求償権を行使することができます

 

連帯保証者間の求償権について詳しく解説しています。↓

www.taxtukengoukaku-kagi.com

 

 

保証

 

保証"

保証

保証」とは主たる債務者が債務を履行できない(借りたお金を弁済できない等)場合において、債務者の代わりに第三者(保証人)が債務の履行の責任(借りたお金の弁済等)を負うことをいいます。

 

保証人が負う債務を「保証債務」といいます。

 

保証債務は主たる債務者の内容より重くなることはありません

 

保証債務は債権者第三者(保証人C)の保証契約によって成立します。

 

保証契約は、書面(または電磁的記録)でのみ効力を生じます。

 

保証債務の範囲は、主たる債務、主たる債務に関する利息違約金損害賠償など主たる債務に従たるすべてのものを含みます

 

保証について詳しく解説しています。↓

www.taxtukengoukaku-kagi.com

 

保証の性質

保証債務には「付従性」と「補充性」の二つの性質があります。

 

保証債務の付従性とは、主たる債務が有効に存在しなければ従たる債務も存在しないということです。

 

保証債務の補充性とは、主たる債務が履行可能である以上、保証人は責任を負う必要がないということです。

 

保証債務には補充性があるので、下記の二つの権利が認められています。

 

  • 催告の抗弁権:保証人が債権者から保証債務の請求を受けた場合に「まず先に主たる債務者に請求して」と主張する権利
  • 検索の抗弁権:保証人が債権者から請求を受けた場合に主たる債務者に弁済できる資力等を立証し、「まず主たる債務者の財産に強制執行して!」と主張できる権利

 

原則、保証人について生じた事由は主たる債務に影響は及びません

 

詳しく保証の性質が知りたい方はこちら

www.taxtukengoukaku-kagi.com

 

共同保証の分別の利益と求償権

 

数人が同一の主たる債務につてい保証人になることを共同保証といいます。

 

共同保証には「分別の利益」というルールがあります。

 

分別の利益とは、各共同保証人が、負担する保証債務を主たる債務の額を平等の割合で分割した額のみにすることができます。

 

保証人が弁済して、主たる債務者の債務が消滅した場合、保証人は主たる債務者に対して償還(求償)を求めることができます。

 

共同保証人間にも求償権が認められ、求償できる額は自己負担を超える額です。

 

共同保証の分割の利益と求償権について詳しくはこちらでまとめています↓

 

www.taxtukengoukaku-kagi.com

連帯保証

 

連帯保証

連帯保証

 

連帯保証」とは、保証人が主たる債務者と連帯して債務を負担することを保証契約において約束した形態をいいます。

 

連帯債務は、保証債務の一種なので「付従性」があります。

 

なので、主たる債務が有効に存在しなければ従たる債務(連帯債務)も存在しません。

 

しかし、連帯債務は「主たる債務者と連帯して債務を負う」という保証形態のため、「補充性」がありません

 

なので、連帯保証には下記の2つの権利は認められません。

  • 催告の抗弁権:保証人が債権者から保証債務の請求を受けた場合に「まず先に主たる債務者に請求して」と主張する権利
  • 検索の抗弁権:保証人が債権者から請求を受けた場合に主たる債務者に弁済できる資力等を立証し、「まず主たる債務者の財産に強制執行して!」と主張できる権利

 

連帯保証も保証の一種なので、連帯保証人について生じた一定の事由は主たる債務者に影響を及ぼしません。

 

しかし、主たる債務の消滅行為請求混同主たる債務者にその効果が及びます

 

連帯保証には、分別の利益も認められません。

 

連帯保証についてこちらで詳しく解説しています↓

www.taxtukengoukaku-kagi.com