宅建試験対策法を公開!宅建合格の鍵

宅建試験対策のノウハウを解説するブログです

宅建合格の鍵

≪宅建試験対策≫≪過去問≫(所有権)担保物権(質権・留置権・先取特権)part2

担保物権の本試験の出題頻度は他の項目に関連して出題される程度です。

担保物権のメインは抵当権なので抵当権以外の担保物権は、他の項目に関連する程度です。

今回は勉強する余裕があれば解いてみてください!

繰り返し問題を解く→問題解説を見る→理解する→問題解説で理解できなかったらもう一回各分野の解説記事を読んでみてください。

宅建試験の合格への近道は、繰り返し問題を解いて理解を深めることです!

本試験は四肢択一のマークシート方式で「正しいものはどれか」「誤っているものはどれか」はもちろん、「正しいのは何個あるか」や「誤っているのは何個あるか」と肢問の正誤の数を問われる問題もあります。

各肢の正誤が正解に直結するので、各肢の正誤を答えられるよう一問一答方式で問題を記載しました。

では、がんばって解いていきましましょう!

 

担保物権・質権・留置権・先取特権についてもう一度勉強してから解きたい人はこちら↓ 

taxtukennsi.hatenablog.com

 


 


 

 

  

    担保物権(質権・留置権・先取特権)

 問1

Aが、Bに賃貸している建物の賃料債権の先取特権を有している。
Aは、賃貸した建物内にあるB所有の家具類だけでなく、Bが自己使用のため建物内に持ち込んだB所有の時計や宝石類に対しても、先取特権を有する。

 

 

 


 

問1*解説*

 

 

 

 

正解はこちらをクリック

 (正しい)不動産の賃貸人は、賃料債権を担保するため、債務者たる賃借人が当該不動産に備え付けた動産について先取特権を有する。
この動産は賃借人が賃貸借の結果その建物内に持ち込んだものであれば足りるから、賃貸人は、時計・宝石・有価証券等に対しても先取特権を有する(判例)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問2

建物の賃借人Aは、賃貸人Bに対して有している建物賃貸借契約上の敷金返還請求権につき、Cに対するAの金銭債務の担保として質権を設定することとし、Bの同意を得た。
Cが質権の設定を受けた場合、確定日付のある証書によるAからBへの通知又はBの承諾がないときでも、Cは、AB間の建物賃貸借契約証書及びAのBに対する敷金預託を証する書面の交付を受けている限り、その質権の設定をAの他の債権者に対抗することができる。

 


 

問2*解説* 

 

 

 

 

正解はこちらをクリック

 (誤り)債権質の第三者への対抗要件は債権譲渡と同様に、確定日付による債権者A(質権設定者)から債務者B(第三債務者)への通知又は債務者Bの承諾とされる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問3

Aは、Bから建物を賃借し、Bに3000万円の敷金を預託した。その後、Aは、Bの承諾を得て、この敷金返還請求権につき、Cからの借入金債務を担保するために、Cのために適法に質権を設定した。
CのAに対する債権の弁済期が到来した場合は、Cは、Bに対し、Bがこの質権設定を承諾したことを根拠に、この敷金返還請求権の弁済期の前に、当該敷金を直ちにCに交付するよう請求できる。

 

 


 

問3*解説*

 

 

 

 

正解はこちらをクリック

(誤り)敷金返還請求権の弁済期がまだ到来していないのであるから、Cは、Bに対して権利を行使できない。
よって、Bに対して、当該敷金を直ちにCに交付するよう請求できない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問4

不動産を目的とする担保物権の中には、登記なくして第三者に対抗することができるものもある。

 


 

問4*解説*

 

 

 

 

正解はこちらをクリック

(正しい)留置権は、その権利の内容から、登記できる権利とはされておらず、不動産を目的とする留置権は、その権利の目的物である不動産を占有していれば、第三者に対抗することができる。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問5

抵当権者は、抵当権を設定している不動産が賃借されている場合には、賃料に物上代位することができる。

 


 

問5*解説*

 

 

 

 

正解はこちらをクリック

 (正しい)抵当権者は、抵当不動産が賃貸されているときは、その賃料に物上代位することができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問6

抵当権者も先取特権者も、その目的物が火災により焼失して債務者が火災保険金請求権を取得した場合には、その火災保険金請求権に物上代位することができる。

 

 


 

問6*解説*

 

 

 

 

正解はこちらをクリック

 (正しい)抵当権者、先取特権者、質権者が、その目的物の火災により焼失して債務者が火災保険金請求権を取得した場合には、その火災保険金請求権に物上代位することができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問7

建物の賃貸借契約が賃借人の債務不履行により解除された後に、賃借人が建物に関して有益費を支出した場合、賃借人は、有益費の償還を受けるまでは当該建物を留置することができる。

 


 

問7*解説* 

 

 

 

 

正解はこちらをクリック

 (誤り)建物賃借人の債務不履行により賃貸借契約を解除された後に支出した有益費を支出した場合、有益費の償還を受けるまでであっても、その建物を留置することはできない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問8

不動産を目的とする担保物権は、被担保債権の全部が弁済されるまでは、目的物の全部の上にその効力を及ぼす。

 


 

問8*解説*

 

 

 

 

正解はこちらをクリック

 (正しい)留置権者、先取特権者、質権者及び抵当権者は、いずれも、被担保債権の全部が弁済されるまでは、その目的物の全部につきその権利を行うことができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問9

建物の賃借人が賃貸人の承諾を得て建物に付加した造作の買取請求をした場合、賃借人は、造作買取代金の支払いを受けるまで、当該建物を留置することができる。

 


 

問9*解説*

 

 

 

 

正解はこちらをクリック

 (誤り)建物の賃借人が造作の買取請求をした場合は、その建物を留置することができない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問10

留置権は物産についても不動産についても成立するのに対し、先取特権は動産については成立するが不動産については成立しない。

 

 


 

問10*解説*

 

 

 

 

正解はこちらをクリック

 (誤り)留置権、先取特権は、動産についても不動産についても成立する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解きっぱなしはもったいないです!

復習をしっかりしましょう!

わからなかった箇所は、もう一度記事を見直してくださいね!

 

 

抵当権以外の担保物権は本試験に出題される確率は低いので、勉強時間がない方は飛ばしても大丈夫です!

 

復習したい方は、わかりやすくまとめてるのでどうぞ! 

 留置権・先取特権はこちら↓

taxtukennsi.hatenablog.com

 

 でも、質権は抵当権に絡んででてくる可能性高いですよ!

質権と抵当権の違いについてにもわかりやすくまとめています↓

taxtukennsi.hatenablog.com

 

 

 担保物権に共通する性質は、知識がないと抵当権を理解できなくなりますよ!

担保物権に共通する性質について、図を使ってわかりやすく説明しています↓

taxtukennsi.hatenablog.com