宅建試験対策法を公開!宅建合格の鍵

宅建試験対策のノウハウを解説するブログです

宅建合格の鍵

≪宅建試験対策≫請負契約の注文者の義務と解除権

「債権」は、宅建の本試験では、毎年4問出題されます。 範囲も広く、論点もたくさんあるのでいくら対策しても見たことない問題が出ることもあります。 難易度も幅が広いので、勉強してもなかなか点数が伸びにくい分野です。 しかし、丸々捨ててしまったら他…

≪宅建試験対策≫請負契約の瑕疵担保責任に基づく注文者の権利 ※一覧表あり※

「債権」は、宅建の本試験では、毎年4問出題されます。 範囲も広く、論点もたくさんあるのでいくら対策しても見たことない問題が出ることもあります。 難易度も幅が広いので、勉強してもなかなか点数が伸びにくい分野です。 しかし、丸々捨ててしまったら他…

≪宅建試験対策≫請負契約の請負人の義務

「債権」は、宅建の本試験では、毎年4問出題されます。 範囲も広く、論点もたくさんあるのでいくら対策しても見たことない問題が出ることもあります。 難易度も幅が広いので、勉強してもなかなか点数が伸びにくい分野です。 しかし、丸々捨ててしまったら他…

≪宅建試験対策≫売主の担保責任の重要要点まとめ

「債権」は、宅建の本試験では、毎年4問出題されます。 範囲も広く、論点もたくさんあるのでいくら対策しても見たことない問題が出ることもあります。 難易度も幅が広いので、勉強してもなかなか点数が伸びにくい分野です。 しかし、丸々捨ててしまったら他…

≪宅建試験対策≫弁済者の代位

「債権」は、宅建の本試験では、毎年4問出題されます。 範囲も広く、論点もたくさんあるのでいくら対策しても見たことない問題が出ることもあります。 難易度も幅が広いので、勉強してもなかなか点数が伸びにくい分野です。 しかし、丸々捨ててしまったら他…

≪宅建試験対策≫強迫

「意思表示」の宅建本試験に出題される頻度は、毎年です。 意思表示の問題を解くうえで大切なのは、主語を読み間違えないことです。 状況をイメージし、だれがどのような状態なのかを理解しなければなかなか正解に結びつきません。 ややこしい項目ですが、他…

≪宅建試験対策≫詐欺

「意思表示」の宅建本試験に出題される頻度は、毎年です。 意思表示の問題を解くうえで大切なのは、主語を読み間違えないことです。 状況をイメージし、だれがどのような状態なのかを理解しなければなかなか正解に結びつきません。 ややこしい項目ですが、他…

≪宅建試験対策≫錯誤

「意思表示」の宅建本試験に出題される頻度は、毎年です。 意思表示の問題を解くうえで大切なのは、主語を読み間違えないことです。 状況をイメージし、だれがどのような状態なのかを理解しなければなかなか正解に結びつきません。 ややこしい項目ですが、他…

≪宅建試験対策≫通謀虚偽表示

「意思表示」の宅建本試験に出題される頻度は、毎年です。 意思表示の問題を解くうえで大切なのは、主語を読み間違えないことです。 状況をイメージし、だれがどのような状態なのかを理解しなければなかなか正解に結びつきません。 ややこしい項目ですが、他…

≪宅建試験対策≫無権代理の相続

「代理制度」の宅建本試験出題される頻度は、毎年です。 宅建の権利関係法令(民法)の山場のひとつになります。 正直に代理制度は難しいです。単純暗記だけでは、なかなか正解することは出来ません。 代理制度を理解するには、状況をイメージすることが大切…

≪宅建試験対策≫無権代理の相手方の保護

「代理制度」の宅建本試験出題される頻度は、毎年です。 宅建の権利関係法令(民法)の山場のひとつになります。 正直に代理制度は難しいです。単純暗記だけでは、なかなか正解することは出来ません。 代理制度を理解するには、状況をイメージすることが大切…

≪宅建試験対策≫確定期限・不確定期限

「確定期限」・「不確定期限」などの「期限」の宅建試験出題頻度は10年に1度出るか出ないかです。 出題頻度は、低いので絶対押さえるべき項目ではありません。 しかし言葉の意味はほかの項目で頻繁に出てくるので、民法での失点をなくしたい方、民法で満点を…

≪宅建試験対策≫時効とは?重要要点まとめ

宅建の本試験での時効の問題の出題頻度は、2年に1回程度です。 出題頻度的にはそんなに高いわけではありませんが、時効はほかの項目と絡めて出題され、ほかの項目の論点を理解するうえで基礎的な知識となる項目です。 毎年出題される項目ではないし、単独…

≪宅建試験対策≫消滅時効とは

宅建の本試験での時効の問題の出題頻度は、2年に1回程度です。 出題頻度的にはそんなに高いわけではありませんが、時効はほかの項目と絡めて出題され、ほかの項目の論点を理解するうえで基礎的な知識となる項目です。 毎年出題される項目ではないし、単独…

≪宅建試験対策≫時効の援用と時効の効力

宅建の本試験での時効の問題の出題頻度は、2年に1回程度です。 出題頻度的にはそんなに高いわけではありませんが、時効はほかの項目と絡めて出題され、ほかの項目の論点を理解するうえで基礎的な知識となる項目です。 毎年出題される項目ではないし、単独…